広告 その他サービス

prime try before you buyの使い方を6手順で解説!注意点も紹介!

この記事では、prime try before you buyの使い方や注意点をお伝えしています。

prime try before you buyは、通常のAmazonショッピングとほぼ同じ感覚で利用できます。

prime try before you buyが通常のAmazonショッピングと一番違うポイントは、「支払いは試着のあと」という点です。

prime try before you buyの使い方について、6つの手順に分けた画像付き解説を確認したい人は、引き続きこの記事でご確認ください。

さっそくprime try before you buyでネット試着をしてみたい人は、以下のリンクから公式サイトをご覧ください。

↓↓↓

prime try before you buy 公式サイトを見てみる

まずは確認!prime try before you buyの使い方の全体像

簡単な流れ

  • 商品を探す
  • 注文する
  • 自宅に届く
  • 試着する
  • 購入or返品手続きをする
  • 返送する

まずは、prime try before you buyの使い方の流れを確認しておきましょう。

prime try before you buyの全体像は、上記の図のように6つの手順になります。

冒頭でもご説明した通り、普通のAmazonショッピングとほぼ同じ使い方です。

ただし、『②注文する』の時点では支払いは発生しません。

支払いが確定するのは、『⑤購入or返品手続きをする』のタイミングになります。

それでは、次の章で6つの手順についてそれぞれ内容を確認していきましょう!

 

prime try before you buyの使い方を6つの手順で解説

前の章で確認した6つの手順について、それぞれご説明していきます。

どれも直感的に操作を進めていくことができます。

①商品を探す

まずは、気になる商品を探してみましょう。

Amazonの中には、prime try before you buyで試着できるものとそうでないものが混在しています。

商品を探すときは、上記の画像のようにprime try before you buy対象商品で絞り込みをかけておくと、効率よく探せます。

②注文する

試着してみたい商品が決まったら、商品をカートに入れます。

注文するタイミングでは、カートに商品を入れても合計金額が「0円」になっているはずなので、その点だけ注意してくださいね。

カートに商品の金額が表示されていると、Prime Try Before You Buyではなく、普通のAmazonショッピングで買い物をしていることになります。

0円で注文を確定して、試着したい商品を取り寄せましょう。

③自宅に届く

Prime Try Before You Buyで商品を注文すると、1~3日で自宅に届きます。

届いた荷物には、商品のほか、prime try before you buyのパンフレットや返送用の着払い伝票などが一緒に入っています。

レシートのような注文書も一緒に入っていますが、この注文書は返品のときに同封することになっていますので、捨てずに取っておきましょう。

④試着する

届いた商品を買うかどうか決めるために、自宅内で試着することができます。

着心地やサイズ感、手持ちの洋服とのコーデもしっかり確認してくださいね。

返品することも考えて、試着は手短にすませるのがベターです。

自宅ならではの試着で、人目を気にせず自分のペースで試着を楽しみましょう!

⑤購入or返品手続きをする

買いたい商品が決まったら、Amazonマイページから手続きをします。

上記の写真の通り、商品ごとに「購入or交換or返品」を選びます。

このタイミングで、はじめて支払いが発生します。

支払いが確定したら確認メールが届くので、そちらも内容を確認してくださいね。

⑥返送する

買わない商品は、届いたときに梱包されていた袋や段ボールに詰めて送り返します。

ヤマト運輸を使って返送しますので、集荷や営業所持ち込み、PUDOが利用できます。

商品に同封されていた着払い伝票を使うと、セブンイレブン・ファミリーマートでも返送を受け付けてもらえます。

数日後に、Amazonから返品手続き完了のメールが届いたら、無事にショッピング完了です。

以上のように、prime try before you buyは、普通のAmazonショッピングの感覚で使うことができます。

↓↓↓

prime try before you buyを試してみる

 

prime try before you buyを利用するときの2つの注意点

続いて、prime try before you buyの注意点をご説明します。

気軽にネットショッピングでの試着を利用するために、以下の2つだけはおさえておきましょう。

  • タグを切らない
  • 室内のみで試着する

それぞれご説明します。

注意点①タグを切らない

prime try before you buyの注意点1つ目は、試着商品のタグを切り離さないようにすることです。

タグがない商品は、返品を受け付けてもらえません。

試着中にタグが取れてしまわないように、着脱には気を付けてください。

「うっかりタグを引っぱって取れてしまった」という場合でも、購入することになります。

注意点②室内のみで試着する

prime try before you buyの注意点2つ目は、室内のみで試着をするということです。

自宅の外での試着は厳禁です。

特にシューズは、玄関のたたき(外靴で立ち入る場所)での試着は避け、靴底も汚さないようにします。

prime try before you buyの試着は、居室の中でのみ楽しみましょう!

 

prime try before you buyの使い方についてQ&A

prime try before you buyの使い方について、よくある質問をQ&Aでまとめます。

3つ確認していきましょう。

Q&A①試着期間は、いつからいつまでですか?

注文した商品の配送が完了した翌日から7日間までです。

Q&A②全部返品してもいいですか?

はい。届いた商品をすべて返品してもOKです。

その場合、もちろん支払いは0円です。

Q&A③無料会員期間中でも使えますか?

はい、プライム無料体験期間中でもprime try before you buyを利用できます。

 

prime try before you buyとは?サービス概要をおさらい

試着数/期間 4点/7日間
支払タイミング 返品後、購入分のみ支払い
送料/返送料 どちらも無料
返送業者 ヤマト運輸
手数料ほか プライム会員費:500円/月

最後に、prime try before you buyのサービス概要を確認しておきましょう。

prime try before you buyは、Amazonプライム会員が利用できるネット試着サービス。

prime try before you buyは、対象商品を無料で取り寄せ、自宅で試着してから買うかどうかを決めることができます。

上記の表の通り、一度に取り寄せることができるアイテムは4点まで。

試着期間は最大7日間です。

洋服代以外の費用は、Amazonプライム会員費の500円/月(もしくは、4,900円/年)のみで、送料や返送料は無料です。

なお、Amazonプライム会員は30日間の無料体験期間が用意されており、有料会員に切り替わる前に解約することも可能です。

prime try before you buyを試してみたい人は、プライム無料体験も利用してみましょう。

↓↓↓

無料でprime try before you buyを試してみる

 

prime try before you buyの使い方についてまとめ

この記事では、prime try before you buyの使い方や注意点についてご説明しました。

prime try before you buyは、通常のAmazonショッピングと同じ感覚で利用でき、自宅で試着してから買うかどうかを決めることができるサービスです。

買わない商品は無料で返品できますが、「タグを取らないこと」「屋内で試着して汚さないこと」この2点に注意して、届いたときと全く同じ状態で返送しましょう。

prime try before you buyを利用すると、お出かけすることなく試着ショッピングが楽しめますよ。

prime try before you buy以外にも、自宅で試着できるネット通販サービスを知りたいという人は、以下の記事で3つのサービスを紹介していますので、ご参考ください。

>>自宅で試着できるネット通販の紹介記事はこちら

 

  • この記事を書いた人

森谷 マリエ

39歳3児の母。イエベオータム・骨格ストレート。21歳の時に知ったパーソナルカラーに感銘を受け、セミナーや本などでカラー、メイク、ファッションなどの知識を集め始める。母になってからは自分のオシャレに時間が取れず、スタイリングサービスを活用中。

-その他サービス