骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わない原因と対策を紹介する記事のアイキャッチ画像

広告 コラム

骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わない!?原因と対策を紹介!

この記事では、骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わない原因と対策をご紹介します。

骨格ナチュラルはオーバーサイズが似合うのですが、着こなしのポイントを外してしまうと「なんだか似合わない」という残念な結果に…。

是非この記事を参考に、あなたに似合うオーバーサイズコーデを探ってみてくださいね!

骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わない理由を3つ紹介

さっそく、骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わない時に考えられる理由を3つご紹介します。

  1. シルエットが大きすぎるから
  2. 生地の素材が軽すぎるから
  3. 服の雰囲気が顔タイプと合っていないから

順番に解説します。

理由①シルエットが大きすぎるから

骨格ナチュラルの方は、もともとしなやかな骨格ラインを持っています。

そのためシルエットが大きすぎるオーバーサイズの服を着ると、骨格ナチュラルの良さが隠れてバランスが崩れてしまうことがあります。

特に、身長が低めの人や痩せ体型の人は要注意。

全体的にダボっとした印象を与えてしまうと似合わないと感じる原因になりやすいですよ。

理由②生地の素材が軽すぎるから

骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わない時は、服の生地が骨格ナチュラルに似合う生地かどうかチェックしてみてください。

軽すぎる素材の服は骨格ナチュラルの体型に対してボリュームが足りず、だらしない印象を与えてしまうことがあります。

特に薄手のニットやシースルーのシャツなどは体のラインに沿いすぎてしまい、オーバーサイズの良さが引き立ちません。

理由③服の雰囲気が顔タイプと合っていないから

骨格ナチュラルなののオーバーサイズが似合わない原因には、服の雰囲気と顔タイプのミスマッチも考えられます。

例えば、フェミニンな顔立ちの人がスポーティーなオーバーサイズTシャツを着ると違和感があります。

骨格ナチュラルだからどんな雰囲気のオーバーサイズも似合うということではないのです。

 

骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わないときの対策5つ

骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わないと感じたときは、以下の5つの対策を検討してみてください。

  1. シルエットをコンパクトに調整する
  2. 着こなしにアレンジを加える
  3. 重めの生地・ハリのある素材を選ぶ
  4. 顔タイプにあった雰囲気の服を選ぶ
  5. パーソナルカラーにあった服を選ぶ

それぞれご説明します。

対策①シルエットをコンパクトに調整する

オーバーサイズの服を着て「だらしない」「だぶついている」「太って見える」などという時は、シルエットを適度に絞ってみてください。

骨格ナチュラルはぴったりフィットするタイトなスタイルは苦手とされているので、程よいフィット感を目指すのがちょうど良いです。

トップスかボトムスどちらかのボリュームを抑えるのもひとつの手ですね。

対策②着こなしにアレンジを加える

オーバーサイズの服をそのまま着るのではなく、アレンジを加えることで改善できることがあります。

例えば、ベルトでウエストマークをする、裾をロールアップする、トップスの首元を少し後ろに引っ張って重心をずらすなど…

少しの変化でコーデを引き締めることができますよ。

対策③重めの生地・ハリのある素材を選ぶ

オーバーサイズの服を選ぶ際には、重めの生地やハリのある素材を選ぶことが大切です。

しっかりとした生地は、生地そのものが洋服のシルエットを保ってくれるので、ルーズな印象になりません。

コットンやリネンなどハリのある素材を選び、直線的な印象で骨格ナチュラルの良さを活かしましょう!

対策④顔タイプにあった雰囲気の服を選ぶ

あなたの顔タイプに合った雰囲気のオーバーサイズの服を選ぶことで、全体のバランスが整います。

顔タイプ診断を活用して、自分に似合うスタイルを見つけ、そのスタイルに合ったオーバーサイズの服を選ぶことで、より自然で洗練されたコーディネートが実現します。

例えば、ソフトエレガントな顔タイプの方は、シンプルで上品なデザインのオーバーサイズの服を選ぶと、全体の調和が取れやすくなります。

対策⑤パーソナルカラーにあった服を選ぶ

最後に、パーソナルカラーも重要な要素です。

自分の肌の色に合った色のオーバーサイズの服を選ぶことで、顔色が明るく見え、全体の印象が良くなります。

例えば、スプリングタイプの方は明るいパステルカラー、ウィンタータイプの方は鮮やかなビビッドカラーのオーバーサイズの服が似合います。

 

骨格ナチュラルに似合うオーバーサイズのコーデをスタイリストに選んでもらうのもアリ!

骨格ナチュラルに似合うオーバーサイズのコーデを見つけるのが難しいと感じたら、プロのスタイリストに相談するのも一つの方法です。

スタイリストは、骨格診断やパーソナルカラー診断の知識を活かして、あなたにぴったりのコーディネートを提案してくれます。

最近では、オンラインで気軽にパーソナルスタイリングが受けられるサービスがあります。

有名なサービスとして、レンタルサービスのエアークローゼット、気に入った服だけを購入できるドローブというスタイリングサービスがあります。

どちらのサービスもあなたの体型や雰囲気に似合うコーデを提案してくれますよ。

当サイトでは、両方のサービスを実際に利用して口コミやレビューを記事にまとめていますので、興味のある方はご参考ください。

エアークローゼットの口コミや評判を紹介する記事のアイキャッチ画像
エアークローゼットの口コミ・評判を紹介!30代の私が使ってみた感想もお届けします!

続きを見る

DROBE使ってみた感想、ドローブから届いた服を紹介する記事のアイキャッチ画像
DROBE(ドローブ)の口コミを紹介!30代主婦に届いた服142着も全公開!

続きを見る

 

骨格ナチュラルなのにオーバーサイズが似合わないことについてまとめ

骨格ナチュラルはオーバーサイズの服が良く似合う骨格タイプです。

ただし、骨格ナチュラルの人がオーバーサイズの服を上手に着こなすためには、シルエットや素材、顔タイプ、パーソナルカラーなどいろんな要素を考慮することが大切です。

この記事でご紹介した原因と対策を参考に、あなたに合うオーバーサイズコーデを探ってみてくださいね!

 

  • この記事を書いた人

森谷 マリエ

39歳3児の母。イエベオータム・骨格ストレート。21歳の時に知ったパーソナルカラーに感銘を受け、セミナーや本などでカラー、メイク、ファッションなどの知識を集め始める。母になってからは自分のオシャレに時間が取れず、スタイリングサービスを活用中。

-コラム
-, , ,